資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

DIYの資格を取得出来るくらい、作業や工具に精通してきたのであれば、きっと作業そのものが楽しくなっていることでしょう。

それには実際の経験を積むことももちろん不可欠ですが、資格の学習などを通して一通り体系的に勉強しておくことも必要です。

そんなDIY資格の取得費用に関する情報を見てみましょう。

試験費用の一例

もし試験に合格するほどの自信があれば、直接受験を申し込むことが可能です。

どの資格を取るかによりますが、一例としてJLESA(日本生活環境支援協会)主催の「DIY工作アドバイザー」の場合、試験の申し込みも受験もインターネットからとなります。

試験自体も自宅でできるため、非常に効率的で柔軟に利用できます。受験料は10,000円(消費税込み)で、70パーセント以上の評価を受けると合格です。申し込みには期限があり、解答用紙の発送や提出は随時となっています。

試験期間が五日間取られているため、この期間で都合のつく日に回答を記入し、郵送での提出で試験は完了します。その後の合格通知を持って資格取得となります。

オンラインは便利

実際に試験会場に出向くタイプの資格の場合、受験費用などの支払いは会場で現金払いか、事前の銀行振り込みなどになります。

ここで取り上げたオンライン試験の場合も、銀行かゆうちょ振り込みなどの方法が取られます。DIY資格は民間資格で、これから認知度や重要性が発展していくものと考えられます。

試験やタイトルの違いなどもありますが、主催する団体や企業の規模や知名度などを考慮して考えるのも良いでしょう。そしてオンラインですべてを完結できる資格にも大きなメリットがあります。

オンラインで便利だからと言って簡単という訳ではなく、試験対策の学習は欠かせませんが、時間がない人や試験会場が遠くてなかなか出向けないという方でも資格を取れるのは重要です。

資格取得まで含めたおすすめの講座

当サイトでおすすめしているのは、諒アーキテクトラーニングの「DIY工作アドバイザーW資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「DIY資格講座」です。

これな講座の学習もオンラインで済み、試験免除のコースも用意されています。それには卒業課題の提出が条件となりますが、難しく思えても郵送などで何度も専門の講師に質問でき、学習に関しても無理なく確実に進められます。

講座費用の支払い方法もクレジットカードや代金引換を選択でき、より柔軟です。

まとめ

資格取得のめどは立っているでしょうか?まずは情報収集に努めて、資格に必要な条件を洗い出してみましょう。

DIY工作アドバイザーW資格取得講座

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.