資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

仕事や生活スタイルによるとはいえ、何かを体系的に集中して学習する機会は学生以来、という方が多いのではないでしょうか。

趣味が高じてDIYの資格を取ろうと思ったものの、試験や講座の学習などがつい億劫になるという方もおられるかもしれません。

DIY資格の難易度や対策についてはどうでしょうか。

難易度は低め

難易度で言えば、「比較的簡単」という声が圧倒的多数です。

もちろん、工具を多少使いなれているぐらいで合格できるほど無益な資格ではなく、DIYについて一通り学習を進める必要がありますが、資格や講座によっては100パーセントの合格率を公表しているものもあります。

中には半数程度の合格率という資格もありますが、出題される傾向や内容を知らずに試験に挑む方おり、それなりに学習を続けて試験対策をきちんとしてきた方にはそこまで難しく感じられるものではないようです。

試験への対策

確実に試験に合格するにはどうすればいいでしょうか?それにはやはり、試験の内容に関して、しっかりと準備しておく必要があります。そこで役立つのが過去の問題集です。

過去問には、類似の問題が出るというだけでなくどういった問題が出やすいか、どの問いが重要が、その傾向と対策となるヒントがちりばめられています。毎年同じ試験が出る訳ではありませんが、同じことを学んで同じ資格を取る以上、まったく違うことが試験で問われることはありません。

つまり過去の試験で練習することで、試験の内容に対する準備ができます。資格によっては試験が筆記試験と実技試験に分かれているものもあります。

筆記に関しては、過去問をとりあえず見ておいくことでスピード重視の試験対策ができます。過去問や回答集を見ても身にならないと言う方もおられるかもしれません。

その場合でも、問題の内容や意図を理解したうえで二回、三回と問題集を解いては答え合わせを繰り返し、ほとんど記憶するほどに読み込むことで全体の傾向を掴むことができるでしょう。

試験免除の講座を利用する

試験免除の講座を活用するのもいいでしょう。

諒アーキテクトラーニングの「DIY工作アドバイザーW資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「 DIY資格取得講座プラチナコース」であれば、卒業と同時に資格授与というシステムとなっており、とにかく確実に資格が欲しいという方におすすめです。

まとめ

難易度は確かにありますが、対策は可能です。インターネットなどで情報収集に努め、可能な限り試験について知っておくと良いでしょう。

DIY工作アドバイザーW資格取得講座

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.