日曜大工士資格(JDP)

日曜大工士資格(JDP)

日曜大工士資格は、家具や棚などの製作知識を理解していること、日曜大工の際に必要な道具の使い方などの知識を持っている事などが問われる資格です。

この資格を取得することによって、日常生活の中で役立てることもできますし、就職に有利に働いたり、アドバイザーとなれる可能性もあります。

日曜大工士資格とはどんな資格でしょうか?

日曜大工士資格は日本デザインプランナー協会(JDP)が認定を行います。

資格取得のために、日曜大工の工作に必要な手順や道具のふさわしい用い方について、しっかりと理解する必要があります。

また、かごの製作、手作り黒板、リメイクテレビ台、壁に棚を付ける、テーブルの製作、本格ハンガーラック、すのこ家具などについての知識も、その出題範囲となります。

日曜大工士資格を取得すれば可能性が広がります

日曜大工士資格を取得することで、色々な可能性が広がるでしょう。例えば、ホームセンターに就職し、技術的な指導ができるようになるというのも一つの例として挙げられます。水道業者や工事業者などの仕事に就ける可能性も開けます。

今ではインターネットがすっかり日常に定着し、個人で作成したものを販売できるようになっています。その状況を利用して、副業として、自らが製作した引き出しや棚、机などをインターネットを活用して販売するというのも良いアイディアではないでしょうか。

もちろん、日常生活の中で役立てたり、趣味としての日曜大工を楽しめるようになる事は、言うまでもないでしょう。

日曜大工士資格を受験するにはどうすれば良いのでしょうか?

日曜大工士資格の試験は年に6回、偶数月に実施されます。申し込み方法ですが、インターネットで手軽に手続きができるようになっています。

特定の場所迄、あえて申し込みに出かける必要もなく、インターネットにつながってさえいれば、場所を問わずに申し込めるので、とても効率的と言えるでしょう。費用についても、10,000円というリーズナブルな料金設定となっています。

在宅受験となっているため、余分な交通費を使うことも、指定された受験会場まで出かける必要もありません。

まとめ

日曜大工士資格を取得することで、日常生活の趣味として、その技術を深めることができます。他にも、ホームセンターにおける販売員として、また水道業者や工事業者として、などの仕事に役立てたり、個人で作成し、それを販売したりと、種々の可能性が開けるでしょう。

受験するための費用も、決して高くありません。日曜大工士資格の取得について、検討してみてはいかがでしょうか。

日曜大工士資格

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.