資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

DIYの趣味が高じて資格を目指すことにしたのであれば、試験に関する情報を集めましょう。

試験には勉強が必要ですが、過去の問題集などを見てコツコツやっていくことで、それほど難関となるものではありません

試験の日程や内容に関する情報をご紹介します。

DIY資格とは

DIYの資格は民間資格で、国家資格でDIYに関するものはありません。あくまでDIY、日曜大工という範疇はあるのですが、近年のDIYブームの高まりを受けて民間で資格を発行するところがいくつかあります。

それらを上手に活用することによって、需要に合わせた仕事の道が開ける可能性があり、いずれはワークショップやアイデアを集めたウェブサイトの運営なども目指すことができます。

試験会場の種類や運営の内容

そんなDIYの資格試験は、満18歳以上であれば誰でも申し込むことができます。試験日は選択する資格によりけりですが、年に1~2回のペースで開催されているようです。

資格試験には願書を提出する必要があり、試験費用(一万円程度)も支払う必要があります。これらは試験を主催する企業や団体次第ですが、例えば日本生活環境支援協会(JLESA)の場合、インターネットからの申し込みで在宅受験を選択できます。

インターネットを利用した便利な試験制度を採用しており、試験そのものも二ヶ月に一回ほど開催され、会場まで出かけていく必要はありません。

試験内容はDIYの基礎に始まり、「DIYとは」「DIYに必要な道具」「メジャー」「便利なボンド」「マスキングテープ」「アクリル絵の具」「ネジ」「ノコギリ」「電動ドライバー」「ジグソー」「ディスグラインダー」などの名称や扱い方を回答します。

またインテリアに関する素材の特徴や扱い方、ガーデニングや庭のいじり方に関しても出題されます。

オンライン試験が便利

可能なら、このようなオンラインの資格試験を利用しましょう。簡潔で手間がかからないだけでなく、学習もオンラインで利用できて非常に効率的です。

このような試験に対応した講座を受講することで、さらに試験に特化した学習ができるだけでなく、中には試験免除のカリキュラムを含んだ講座もあります。

そうすれば試験の日程に合わせて予定を組む必要はなく、完全に自分のペースで学習を進められるでしょう。

まとめ

まずは資格を主催している企業や団体の公式ホームページを見てみましょう。試験の日程や試験内容、受験に必要なものや受験料なども案内されています。

こうした情報を常に収集することで、試験本番の流れにもついていけるようになります。

DIY工作アドバイザー資格

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.