資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

DIY工作アドバイザーや日曜大工士といった資格には、規定の試験があり、そのための勉強をしなければなりません。

独学で工具や素材の特徴を勉強するのもありですが、その場合、かなり時間を費やしてしまうことになります。

可能なら、より手っ取り早く効率的な方法で学習していきたいものです。

過去の出題例を見よう

学校の試験のように、過去問や過去の試験を見るのは効率的な方法です。資格試験は情報が非常に重要です。今ではインターネットという便利な道具がありますので、情報収集もそれほど難しくはありません。

実際に出た問題を取り上げて解説しているサイトはかなりあります。それらにまずは目を通しましょう。

例えば、「DIYアドバイザーの機能と役割について、求められる重要な事項を3つ述べなさい。各20字以内」や、「例の箱の立体図をもとに、参考図のように、5つの箱を組み合わせた立体図をフリーハンドで書きなさい」などの問題を、事前の情報なしで解答するのは簡単でしょうか?恐らく非常に難しいでしょう。

しかし過去問を見ておくことで、出題の傾向が掴めるようになるでしょう。こういった問題集は、反復して何度も何度も練習しましょう。

そのメリットとは

中には、「事前学習無しでいきなり過去問に触れるより、まずは基礎から学んだ方が良いのではないか」という意見の方もいらっしゃいます。

確かにそれも一理ありますし、特に実践や実技となると基礎を飛ばして作業という訳にはいかないのですが、こと試験の合格に関して考えるならば、過去問で練習する方が圧倒的に近道です。

過去問を見ることで出題の傾向や難易度、さらには求められている答えの書き方も見えてきます。とりあえず資格が欲しい、試験を何度もやり直したくないという方には、過去の出題傾向を見て練習することが最速の道となるでしょう。

加えて、過去問を見ることで、その資格が自分のイメージのものか、本当に取りたいと思っているものなのかどうかも試せるというメリットもあります。

試験免除の講座を活用しよう

どうしても資格試験が難しい、100パーセント資格を取りたいという方には、諒アーキテクトラーニングの「DIY工作アドバイザーW資格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「DIY資格取得講座」のプラチナコースなどがおすすめです。

価格はそれぞれ79,800円となりますが、試験免除の制度がついていて、誰でもより確実に資格の取得を目指せるようになっています。

まとめ

資格試験にも構えず、しっかりと準備して試験に臨みましょう。一次試験の合格はそれほど難しくはありません。

DIY工作アドバイザーW資格取得講座

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.