DIY工作アドバイザー資格(JLESA)

DIY工作アドバイザー資格(JLESA)

DIY工作アドバイザーの資格を取得するためには、道具に関する基礎知識を理解しているのみならず、道具を使い、家具などの製作についてアドバイスできるレベルに達していることも求められています。

この資格を取得することによって、ホームセンターなどで知識を活かしたり、講師活動で資格をアピールする事も可能です。

DIY工作アドバイザー資格はどのような資格ですか?

DIY工作アドバイザー資格は、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する資格となっています。

この資格を取得するためには、のこぎりなどの道具に関する基礎知識を有しているだけでなく、道具を使い、家具などの製作についてアドバイスできるレベルにまでに達する必要があります。

DIY工作アドバイザー資格を取得すると役立ちますか?

DIY工作アドバイザー資格をどのように役立てられるでしょうか。この資格を取得することによって、ホームセンターなどに就職した場合でも、資格で習得した知識が役立てられます。自信を持って、お客様へのアドバイスを行えるようになるでしょう。

例えば介護施設に勤務し、そこで木工のレクリエーション教室などを開催し、資格の技能を活かすという方法もあります。カルチャー教室において講座を開き、講師活動を行えるなど、色々と可能性も広がるでしょう。

年に何回受験できるのでしょうか?受験の費用はどれ位かかるのでしょうか?

DIY工作アドバイザー資格は、2月、4月、6月、8月、10月、12月と、年に6回も受験できます。1年に一度だけとなると、心のゆとりを持って受験することができませんが、年に6回も試験日が設けられていることで、チャンスが増える分、気負わずに挑むことが可能になります。

合格基準ですが、70%以上の評価を得ることによって合格となります。過度に高い基準ではないのは魅力です。受験の費用ですが、消費税込みで10,000円となっています。

受験の申し込みはインターネットからの申し込みになります。申し込みのために、特定の場所に出かけなくても、自宅や出先からでも手軽に申し込めるので、とても効率的です。

まとめ

DIY工作アドバイザー資格を取得することによって、ホームセンターや介護施設などへの就職の可能性が開けます。専門的な知識を持つ講師として、講師活動を行う道もあります。

試験は偶数月に定期的に行われていて、料金も消費税込みで10,000円とお手頃価格です。この機会に、DIY工作アドバイザー資格の取得について考えてはいかがでしょうか。

DIY工作アドバイザー資格

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.