収納スペースや棚も自作できる

収納スペースや棚も自作できる

家の利便性だけでなく、デザインや感性も左右するのが収納です。

とかく隠すことに意識が向きがちかもしれませんが、見せることや存在感を出すことでおしゃれになるのも収納の魅力であり、インテリアにおいて非常に奥が深い要素の一つです。

収納というと棚やキャビネットが代表的ですが、これらもDIYで自作することが可能です。

買うより作ったほうが早いというケースも

棚や収納が必要になった場合、家具専門店やホームセンターで買うと高いものです。あるいは探している理想のデザインが無い場合もあるでしょう。そんな時に活躍するのが自分で作るDIYです。

「この独特のスペースに収まる収納があったら」「この高さにぴったり合う収納棚があれば」と思うものの、実はずっと探すより作ってしまった方が早く、もしかするとずっと安上がりな場合もあります

100均で手に入る材料でも作れる

角材やコンパネなどを買ってきて完全自作するのも楽しいのですが、100均ショップで売っているすのこや木製のボックスを利用して、簡単に棚を作ることもできます。

すのこは実は便利な材料で、そのまま背板や床板にもなるうえ、軽いので扱いやすく、それほど頑丈に固定しなくても棚に必要な程度の強度を出せるという利点があります。

すのこを立てかけて木製のボックスを釘で固定すれば、一瞬でちょっとした物置や小物入れの完成です。

小さい収納なら作ってしまおう

トイレや洗面所に収納が不足している場合もよくありますが、そんな時もちょっとしたスペースを活用し、かつ場所を取り過ぎない大きさで収納を作ることも可能です。

ホームセンターで売られている木板や2×4の角材で作れるとはいえ、やはり100均ショップの軽量で万能なすのこが非常に役立ちます

簡単に解体できるというすのこの特徴により、細めの側板として利用し、棚部分はボックスや余ったすのこ板を水平方向に取り付けることでタオルや化粧品の収納が完成します。

キッチンも同様です。大掛かりなキッチン収納は重量がかさみ、既製品を購入するとなると費用も掛かってしまいますが、100均ショップのすのこやちょっとした木材があれば、簡単にマグカップ置きや調味料入れが完成します。

意外と手の届くところに収納がなかったりするキッチン珍しくありません。不便な思いを耐え忍ぶより、小規模なDIYでささっと収納を作ってしまった方が満足度も実際の利便性もはるかに向上します。

まとめ

収納や棚もDIYで簡単に自作できます。小規模なものを作ることに慣れてしまえば、いずれは部屋の雰囲気をがらりと変えるほど大きいものも作れるようになるでしょう。

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.