工作スキルは仕事に生かせる

工作スキルは仕事に生かせる

DIYでは実に様々な作業に取り組みます。

それもそのはず、事実上自分がやろうと思ったことは何にでも取り組めるのが自由なDIYですから、その幅広さは言わずもがなです。

様々な作業を経験することで、それ相応のスキルを習得することができます

DIYによるメリットを考えてみましょう。

実際の作業で得るスキル

釘を打つ、のこぎりを引くなどの作業は、誰にでも出来るものでありながら、スキルの習得に伴って効率や完成度が上がっていく非常に重要な作業です。

このような作業で培われる手先の感覚や道具の扱い方の知識は、大工や建築などの分野ではまさに仕事で使う技術そのものです。

そうでなくても、道具をケガの危険が無い方法で安全に使用し、かつ材料を傷つけずに正しく扱うという、生活全般の技術の向上につながります

その過程では沢山の失敗があるかもしれませんが、実際に経験してみて自身の技術力やフィードバックを蓄えるというのは最も効率的な学習方法です。

完成に至る過程で身に付く力

DIYをしてみたいけどそんなエネルギーも技術もないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。DIYにおいて真に重要なのは、専門家のような知識や経験豊富な大工さんの技術力でもなく、作ろうとする物の完成予想図だけです。

そこから実際に体験することで、想像以上のスキルや経験を得ることができます。何かの技術を身に付けるために勉強するよりは、その技術を使って何がしたいのかが見えている方が、より実際の結果や物の完成に近づきます

このプロジェクトを完成させるために必要な段階を考えるという過程は、実はありとあらゆる仕事に生かせる論理的な思考であり、仕事を楽しむ秘訣でもあります。

そしてそこには、想像力や新たな発想をひらめかせる刺激も溢れており、必ずしもプロのレベルで道具を扱ったり作業する必要はありません。

作業そのものに意味がある

DIYで木材や金属を正しく扱えるようになると、まさにそういった作業を行う職種では技術の向上につながりますし、プロセスや完成に至る順序を整理する考え方は仕事を効率的にします

DIYでとにかく机を作ってみることを始めたのであれば、ぜひとも最後まで自分なりに作業を順序立てて考え、途中の失敗も次回への改善策の材料として蓄えてください

たとえ望み通りのものが完成しなかったとしても、その過程で得られるスキルは決して無駄なものではありません。

まとめ

実際に作ること、挑戦することが大切です。木工や金属加工のスキルだけでなく、作業の過程で習得する忍耐力や想像力は、DIYの意外な副産物です。

copyright © 2020 DIY資格   All Rights Reserved.